アパート経営には初期費用がかかります!まずは専門業者に相談を!

サイトマップ

女性とミニチュアの家

アパート経営の初期費用に悩んだら専門業者へ相談しよう

ノートパソコンとお金

アパート経営を始めたいと思った時に最も気になるのが「初期費用」です。不動産を所得するには高額の費用がかかりますからアパート経営もまとまった初期費用が必要に思えます。投資の中では堅実性が高いと言われるアパート経営ですが、高額の初期費用が必要なのであれば安易に手を出すことはできません。いったい初期費用はどのくらい必要なのでしょうか。
一般にアパート経営を始めるのに必要な初期費用は物件価格の1割が目安とされています。アパート購入には多額の費用がかかりますが、自己資金で購入費用全額を支払う人はごく一部です。ほとんどのケースではアパート購入に際しローンを組んで資金を調達します。借入可能額やその他の必要経費を考えると最低でも物件価格の1割は必要です。アパート物件が5000万円であれば初期費用は500万円を見込んでおきましょう。
アパート経営の初期費用の工面に悩んだらアパート経営コンサルタントなど専門業者へ相談しましょう。専門業者は物件選びや経営のコツだけでなく資金調達についても相談に乗ってくれます。初期費用の目安や現在の自己資金で購入できるアパート物件の紹介など有益なアドバイスがもらえます。少ない初期費用でも経営を安定させるコツなども教えてもらえるので、アパート物件を選ぶ前に専門家の話を聞いておくと役立ちます。

アパート経営は初期費用が多いほど有利

アパート経営に必要な初期費用の目安は購入物件の約1割とされています。ローンを組んで物件を購入することが前提ですが、1割の自己資金があればローンの負担もそれほど重くならず必要経費の支払いにも足りるので資金繰りに苦労することなくアパート経営をはじめられます。
物件価格の1割というのはあくまでも目安です。実際にはもっと少ない初期費用でアパート経営を始めるケースもありますが、初期費用として工面できる資金が多ければ多いほど有利な条件でアパート経営を始められます。
中古アパートを購入して経営を始める場合、物件の手直しは必須です。築5年以内の築浅物件出ない限り入居者を募集するには修理や手直しが必要になります。初期費用に余裕があれば内装をグレードアップさせたり監視カメラやオートロックなどセキュリティ設備を導入して物件の価値を高めることが可能ですが、ぎりぎりの初期費用では最低限の修繕のみで資金が尽きてしまいます。
物件としての価値向上はアパート経営の安定化に繋がります。限られた資金の中でどんな投資ができるのかを考えるときはアパート経営アドバイザーなど専門業者へ相談しましょう。不動産業界のトレンドや顧客動向などを分析し最適な投資アイデアを提案してくれます。

アパート経営の初期費用の内容と注意点

新しいビジネスを始めるときは、どうやっていったらいいのか、わからないことが多いものです。アパート経営は、長期的な家賃収入を得られるので、魅力的なビジネスですが、幅広い知識やノウハウが必要です。
これからアパート経営を始めるなら、頼りになるパートナー必要です。アパート経営では、ノウハウを持っている専門業者へ相談することで、わからないことも解決できます。
アパート経営を始めるには、初期費用がある程度はかかります。新築物件の場合なら購入額の7~8パーセント程度、中古物件なら購入額の10パーセント程度が目安になります。
初期費用の内容は、不動産業者への仲介手数料や印紙代、登記費用や登録免許税など様々です。注意したいのが不動産を取得したときにかかる税金です。取得してから半年以上経ったころに請求されるので、手元に準備しておかないと困ります。
不動産の購入や運営には多額の費用がかかります。どのくらいの金額がいつまでにいるのか、書類や手続きはどうしたらいいのか、税金で気をつけることはないか、など不安は多いです。
専門業者に相談することで、一つ一つの不安を減らしていきましょう。初期費用をはじめ、自己資金の準備もしっかりと相談しておきましょう。


アパート経営する前に!アパート経営の初期費用が知りたい、経営する前にデメリットやメリット成功するためのポイントなどを抑えておきたい!そんな方に【フドシル】をお勧めします!分かりやすく説明されているので初心者の方も安心です!

おすすめ記事

一覧へ

更新記事

»一覧へ

Copyright © 2019 アパート経営には初期費用がかかります!まずは専門業者に相談を! All Rights Reserved.