アパート経営には初期費用がかかります!まずは専門業者に相談を!

サイトマップ

女性とミニチュアの家

アパート経営の初期費用の種類について

契約

不動産を活用する方法はいくつかありますが、そのうちの1つとしてアパート経営があります。これからアパート経営をしようとしている人にとって最初の課題は初期費用です。初期費用の種類について知っておくと、初期費用についての概算ができやすいです。

物件購入費用を除くと、税金とそうでないものに分けられます。そうでないものは「仲介手数料」「建築確認申請等手数料」「ローン手数料」「火災保険料」の4種類があります。

仲介手数料は、物件の購入価格が400万円を超えるとかかります。アパート経営の場合はほぼ確実にかかるでしょう。物件購入価格の3パーセントに6万円を足された金額がかかります。上限が決められており、交渉次第で金額を安く済ませられる場合があります。

建築確認申請等手数料は、建物を建てるときに都道府県や市町村に提出することになる建築確認申請、その手数料です。地域によって異なりますが、建築物が大きくなると高くなります。

ローン手数料は、ローンを組んだ時の手数料です。借入額の1~3パーセントです。

火災保険料は、その名の通り火事が発生したときの保険です。もしものときのために加入しておきましょう。10年契約で50万円程度かかります。加入の際は、地震保険にも加入しておきましょう。

アパート経営の初期費用については、専門業者へ相談すれば様々なプランを提案してくれます。

おすすめ記事

一覧へ

更新記事

»一覧へ

Copyright © 2019 アパート経営には初期費用がかかります!まずは専門業者に相談を! All Rights Reserved.