アパート経営には初期費用がかかります!まずは専門業者に相談を!

サイトマップ

女性とミニチュアの家

初期費用の節約とアパート経営のコツ

小さなアパートとノート

地方では2000万円程度の中古アパートも多く、賃貸経営に興味を持つ個人が購入しやすい物件を見つけることも容易です。しかし価格が安くても、通常は物件価格の2割程度の頭金や仲介手数料などの初期費用を用意する必要があります。けれどもアパート経営のノウハウを持つ専門業者へ相談すると、資金調達に関する様々なアドバイスを受けることができます。特に収入が安定している会社員であれば、銀行から物件価格全額分のローンを借り入れて、初期費用を最小限に抑えることも可能です。しかし全額をローンで賄って初期費用を最小限に抑えても、月々の返済額が想定よりも大きくなる場合もあります。ところが長期金利の低下が続いているので、アパート購入時に低金利のローンを活用すると、月々の返済額を減らすことは十分に可能です。一方でアパート経営の安定性を高めるためには、物件を購入した後の管理をしっかりと行う必要があります。築年数の古い物件を全額ローンで買ったあとで、リフォームなどの負担が大きくなることも考えられます。したがってアパート経営を始めるために物件を購入するときには、頭金だけではなくてリニューアルに必要な資金も十分に確保するべきです。

おすすめ記事

一覧へ

更新記事

»一覧へ

Copyright © 2019 アパート経営には初期費用がかかります!まずは専門業者に相談を! All Rights Reserved.